映画

天気の子、自然現象の子、中動態の子、不登校の子

突然ですが、天気の子って、不登校の子の話だと思うんですよ。不登校という現象のメタファーというか……。そもそも天気の子(陽菜)は、天気をコントロールできる子というよりも、身体がどんどん天気になっていって、自分も天気もコントロールできなくなる子…

「君の名は。」が好きすぎる人向けの4作品

よすぎた。 よすぎて魂が完全に浄化された。 具体的にどこがどうよかったか、これ見よがしに分析したいのだけれども、それすらかなわないほど没頭してしまった。仕方がないので、「君の名は。」が好きすぎる人向けの作品を4つ紹介してお茶を濁したい。ネタ…

神は現場に宿る――「シン・ゴジラ」がプロジェクトXで泣ける

エヴァ新劇場版Qが消化不良すぎて、こんなん作ってる暇があるんだったら、はよエヴァの次回作作らんかいなどと思っていたら、想定外によかったです。エヴァ新劇場版・破よりも面白いんじゃないかっていうぐらいです。 だって、使徒みたいな怪獣が東京湾に上…

衝動・暴力・破壊あたりがテーマで面白かった映画――「ファイトクラブ」・「ドッグヴィル」・「ブラッド・ダイヤモンド」

仕事がつまんなすぎて死んだ魚の目で出張するサラリーマンが、不眠症のセラピーに、なぜか殴り合いのケンカを始める、というよくわからない話。しかし、衝動、とりわけ、破壊衝動、というのがよく表現されてて、すごいなあ、と思います。ケンカという、非合…

セクシュアル・マイノリティの視点でみる「他人の嗜好に土足で踏み込むマジョリティの無神経さ」 ――「わたしはロランス」

セクシュアル・マイノリティを描いた映画。マイノリティであることを変に持ち上げたり、ヒロイックな気分に浸るための手段として利用したりせず、ただただ淡々と、息苦しいシーンが続く。印象に残ったシーンは3つある。 1つは、肉体的に男性の主人公が、自…

Mr.インクレディブル

ぱっと見、お気楽そうなヒーローものっぽかったので、まったく観る気がわかなかったのですが、ピクサー映画の中でも好評らしいとのことでようやく観ました。作中では、ヒーローが迷惑な存在として迫害されてまして、自信の能力を隠して、死んだ魚の目で仕事…

フェイスブックに浸食された村社会でお互いに「いいね」を送りあう気持ち悪さに耐えかねて自殺、とみせかけて社会を丸ごと殺しにかかる――ハーモニー(劇場版)

会話が多すぎてやばい、画面が動かなすぎてやばい、と評判を聞いて観る前は不安でいっぱいだったんですが、想定以上によかったです。絵は奇麗ですし、やはり原作の設定の良さがいきていますね。プライバシーが消失した近未来の管理社会が舞台で、誰もが自分…

フランケンシュタイン博士の怪物の婚活のせいで人類存亡の危機――屍者の帝国(劇場版)

観てきました。なかなか面白かったです。とにかく19世紀のロンドンの風景が素晴らしく、ターナーの絵画のような背景が動いているのを見るだけでも感動があります。話としては、ゾンビが工業製品と普及している19世紀が舞台で、産業革命が蒸気の力だけじゃな…

ターナー、光に愛を求めて

最悪の2時間半だった。もともと、ターナーが一番好きな画家なので、満を持して観たんだけど、出てきたのは醜いおっさんが、ふごふごと何を言っているのかわからないことをわめきちらしながら、時には浮気したり、時にはできちゃった子供を認知しなかったり、…

あぜ道のダンディ

現代日本の片田舎のあぜ道で、妻に先立たれ、子供にはうざがられている50代の男が、いかにして尊厳ある生を可能にするか、という話。あまりにも挑戦的であるし、ほとんど無理ゲーなのである。こういう、みじめさを直視しなければいけない話は、観ていてつら…

オール・ユー・ニード・イズ・キル

桜坂洋のライトノベルをハリウッドがお金をかけて本気で映画化した本作。やはり原作のシナリオの良さを実感しました(なお、原作にはまた違った面白さがあります)。世界の命運を賭けた決戦を、何回死んでもやり直せる男が挑むという話なのですが、これがな…

ノア 約束の舟

旧約聖書のノアの箱舟のエピソードをそのまま忠実に映画化したといわれる本作ですが、際立っているのはその選民思想でした。善良な自分たちと悪いあいつらという図式が刷り込まれるように何度も出てきて辟易とします。主人公ノアにとっては、親の仇でもある…

終わりなき日常という敵――「AURA〜魔竜院光牙最後の闘い〜」

魔竜院なんちゃらというタイトルを見て、またクソみたいな中二病アニメを観させられるのかとげんなりした人にこそ、本作は楽しめると思う。なぜなら、本作は中二病の痛さを日常側にいる人たちが白い目で見る、そんなメタ中二病映画なのです。 たとえば、ハル…

シュガー・ラッシュ

「トイ・ストーリー」のゲーム版です。ゲーセンの営業時間が終了したあと、人間たちの気付かれないところでゲームのキャラが私生活をしている、という話で、これがもう滅茶苦茶つぼなんですよ。ストツーのリュウとケンが「うーし今日飲みに行くか―」「うぃー…

桐島、部活やめるってよ

部活ぐらい、静かに辞めさせてやれよ……。と、ジャケットの男を見ながら思っていたが、どうやらこいつは桐島ではないらしい。というか、桐島は本編中1シーンも出てこない。しかし、校内随一の強さを誇るバレー部のキャプテンが突然の退部というイベントは、周…

バッファロー'66

刑務所帰りのあんちゃんが家族にいいところ見せようと、結婚していると嘘をついて、その嘘を付きとおすためにその辺にいた女性を誘拐して、妻のふりをさせる、という話。……わかる。しょうもねえなあ、と読者が思ったことは手に取るようにわかる。実際、主人…

愛のむきだし

ちょっと鬱気味の神父が息子に「罪を感じろ」とか「偽善ぶるな」とか愚痴愚痴言ってたら、普通のいい子だった息子は「自分のどこにも罪を見いだせないこと」に苦悩し始める。もうしょうがないので、息子は積極的に罪を犯して父の前で「罪深き信徒」を演じよ…

トイ・ストーリー3

3部作の3作目ってたいてい駄作なんですが、これは期待を裏切る名作。おもちゃ目線の話なのですが、これがまた意外とシビアなんですよ。おもちゃは遊んでもらうことが存在する意味なのに、当の持ち主が子どもじゃなくなってしまい、用済みになってしまうので…

トイ・ストーリー2

素晴らしい。映像が楽しすぎる。バズと市販バズが対決しているときにウッディたちがバズの足の裏を見て「バズ!」と声かけるところとか大好きです。あとスターウォーズのパロディをサブストーリーに華麗にぶち込んでくるところとかも感動します。

ガメラ3

久しぶりに怪獣映画というのを見ました。昔から怪獣映画は好きで「ゴジラ対デストロイヤー」は映画館で見て感動しました。しかしゴジラの死は僕にとって怪獣映画の死でもあり、というかそもそも怪獣なんか見て喜んでいる年でもなくなり、遠のいていたわけで…

ミッション:8ミニッツ

なんかパッとしないタイトルだなーと思ったけど、「月に囚われた男」の監督の第二作目ということで観に行きました。いや、すげー面白かったですよ? 85点くらいあげます。「まどか☆マギカ」のように何度も同じ時間を繰り返す話なのですが、本作ではそれが8分…

涼宮ハルヒの消失

意外と面白かった。自分だけが改変された世界に、改変される前の記憶をもって飛び込むという疎外感、なかなか超!エキサイティン!!です。「Steins;Gate」とかと同じですね。キョンがツンデレ(ハルヒ)にうんざりしているけど、密かにそのツンデレを好ましく…

コクリコ坂から

観てきましたよ。「耳をすませば」系ですね。舞台は東京オリンピック前の横浜で、この昭和の舞台がレトロな味わいを持っていることに驚きました。明治とか大正にはぁはぁするのはまだ分かります。かの時代はまぎれもなくレトロの良さを持っています。しかし…

第9地区

ブラックジョークの効いたドタバタが好きなら是非。本作は宇宙人が難民として出てくる初めての映画かもしれない。侵略者だったり遭難者だったりするのはありがちだけど、社会的弱者として問題になるというのは面白い。主人公は宇宙人を差別する側の人間なの…

カラフル

罪を負って死んだ魂が、他人の肉体にホームステイして前世の罪に気づくまで修行するという話。これだけ聞くとなんか宗教チックな試練を乗り越えるとかそんな展開なのかと思うが、ホームステイ先の肉体はどこにでもいる普通の男子中学生なので、とくに派手な…

東京ゴッドファーザーズ

【訃報】「パプリカ」「千年女優」などの作品を手がけたアニメ監督の今敏さん死去 - GIGAZINE ああ。この人の映画は変わった絵を見せてやろうという本気っぷりが好きだったんですが。「パプリカ」とか見ていて楽しすぎる。ストーリーだけならこの「東京ゴッ…

ウォッチメン

マトリックス・レボリューションズ

「マトリックス」3部作の完結編。シリーズ中で一番微妙です。たしかにスタイリッシュな戦闘シーンは相変わらずカッコいいし、エージェント・スミスも相変わらずいいキャラしてるし、面白いっちゃ面白いんです。だけど、予想に反して話が小さくなってきたとい…

マトリックス・リローデッド

「マトリックス」3部作の第2作目。シリーズ中、一番興奮しました。ド派手なバトルも健在だったし、仮想現実だからこそできる無茶苦茶な展開にも度肝を抜かれます。ヒロインを助けるところなんかは、どうせハリウッドだしどうにかなんだろと思っていても感動…

マトリックス

神がかり的なアクションシーンもさることながら、仮想現実というSFネタの扱いも上手い。デカルト以来の年季の入った哲学的難問「この世界が本当に現実なのか、それともどこかのコンピュータ上でシミュレートされている仮想現実なのかは区別がつかない」を観…